Adobe PremiereElements無料

沿って Ann Young, Kamata Miyuki 2021-11-20, Japanese Blog

Premiere Elements 2021ビデオエディタ

  • ランク
    (5/5)
  • レビュー:445
  • ライセンス:無料
  • ダウンロード:13.3k
  • バージョン: 2021
  • 互換性:Windows、Mac OS

おそらく、「Adobe Premiere Elements free」と聞くと、急流のリソースについて考えます。しかし、ビデオ編集用のプロフェッショナルソフトウェアである2021を無料で、機能の制限なしにダウンロードする1つの合法的な方法について説明するとどうなるでしょうか。

アドビプレミア要素無料インターフェース

無料のPremiere Elementsのメリット

  • スマートビデオトリム
  • LUTをサポート
  • 便利なビデオソート
  • 高度なオーディオ編集
  • 安定化が制御されます
  • 4Kフッテージの編集

よくある質問

  • Premiere Elementsの試用版はどのくらい続きますか?

Adobe Premiere Elementsの無料試用版は、最初のリリースから30日以内に入手できます。有効期限が切れたら、99ドルでライセンスを購入する必要があります。

  • Adobe ElementsPremiereとPremiereProの違いは何ですか?

Premiere Elementsは、映画製作プロセスをマスターできる3つのモード(クイック、ガイド付き、エキスパート)があるため、初心者ユーザーに最適なオプションです。非常に始まりです。高度なツールを備えたAdobe Premiere Proは、プロユーザーを対象としています。

  • 2021にアップグレードする必要がありますか?

もちろんです。開発者は、人工知能技術を含むほとんどのツールの更新を担当し、スマートトリムやスマートタグを使用したクイックビデオ検索など、いくつかの興味深い機能も導入しました。

  • 2021を実行するための最小システム要件は何ですか?

アドビの公式ページで最小限のシステム要求を確認できます。

  • Premiere Elements 2021 HEIFとHEVCをサポートしていますか?

はい、WindowsとmacOSでHEIF写真ファイルとHEVCビデオファイルをインポートして編集できます。

  • 最新バージョンを割引価格で購入できますか?

はい、アドビはPremiere Elements 2021を新規ユーザーだけでなく、既存のユーザーにも10ドルの割引で提供しています。

  • Premiere Elements 2021はCreative Cloudファミリーの一部ですか?

いいえ。ビデオエディタは、WindowsとMacOS用の個別のアプリケーションとして位置付けられています。

海賊版AdobeElements無料版の使用の不安

試用版が終了するか、アドビがソフトウェアの価格を再び引き上げると、トレントリソースを使用する可能性がより現実的になります。

しかし、起こりうる結果をどの程度正確に評価しますか?これがあなたやあなたのPCに問題を引き起こすかもしれない問題の私のリストです:

禁止されています

わからないかもしれませんが、トレントリソースからソフトウェアをダウンロードすると、所有者(開発者/会社)の著作権に違反します。一度偶然にこれを行っても問題はありませんが、ダウンロードを繰り返すと、インターネットプロバイダーはネットワークからあなたを切断することを余儀なくされ、地元の郵便配達員が召喚状を持ってきます。

技術的な問題であなたを助ける人は誰もいないでしょう

違法なAdobeElements Premiereバージョンを使用している人は、ソフトウェアに問題が発生した場合に会社からのサポートを受けることを期待できません。公式プログラムはアカウントに関連付けられている必要があるため、開発者は公式プログラムを使用しているかどうかを簡単に確認できます。

優れたアンチウイルスをインストールするか、優れたマスターに対処する必要があります

トレントプラットフォームはウイルスでいっぱいの巣窟です。誰もが、最も怠惰なハッカーでさえ、少なくとも1つはそこにウイルスをアップロードしています。コンピュータウイルスは、デスクトップに表示される広告という形で最も単純なだけでなく、時間の経過とともにアクティブになり、銀行やソーシャルネットワークからのパスワードを含むすべての個人データをコピーして攻撃者に送信するというより危険なものになる可能性があります。

5つの無料Premiere Elementsの選択肢

ほとんどの初心者ユーザーは、映画を整理、編集、自動生成するための専門的なソフトウェアを買う余裕がないことに気づき、5つの無料のAdobe ElementsPremiereの代替品を用意しました。

1. DaVinci Resolve

davinciresolveロゴ
長所
  • 基本機能を備えたわかりやすいUI
  • オーディオ制作、カラーグレーディング、合成に理想的なオプション
  • 無料
短所
  • 急な学習曲線
  • 無料版は4Kサポートを提供していません

Davinci Resolve 17バージョンは完全に無料ですが、基本的な操作を実行する場合でも効果は低くなります。

DaVinci Resolveには、ビデオ編集スペシャリスト向けの数百の機能があります。Fairlightツールを使用すると、完全な3次元サウンドスペースと最大1000チャンネル内でサウンドを録音、編集、ミキシング、および改善できます。

このビデオ編集ソフトウェアは、自動顔認識と追跡を含む多くのフィルターも備えており、肌の色調をすばやく滑らかにしたり、目を明るくしたり、唇の色を変更したりできます。

詳細Windows用の最高のビデオ編集ソフトウェア

2. Kdenlive

kdenliveロゴ
長所
  • 迅速な視覚化
  • バックアップを自動的に作成します
  • たくさんのオーディオエフェクト
  • フルHDをサポート
短所
  • 不十分な機能
  • Windowsと互換性がありません

KdenliveはLinuxユーザーにとって最良の選択であり、MacOSでも利用できます。ビデオエディタは、フルHD解像度で、LibavまたはFFmpeg、AVI、QuckTimeを含むすべての種類の形式をサポートします。

クリップを作成、移動、切り抜き、管理するための優れたツールセットがあります。さらに、さまざまな効果やキャプションを追加したり、調整したり、トランジションを作成したりすることができます。ただし、これはそのようなAdobe PremiereElementsの無料の代替手段の最も印象的な機能ではありません。 KdenliveはカラーLUTをサポートしているため、より機能的であると同時に、初心者でも簡単に習得できます。

3. OpenShot

openshotロゴ
長所
  • 3Dアニメーション
  • 無制限のレイヤー
  • 習得が簡単
短所
  • エフェクトを追加するとラグが発生します
  • 混乱するかもしれません

OpenShotは、予算が限られているYouTubeユーザーに最適です。ほとんどの無料のAdobePremiere Elementsの代替品とは異なり、OpenShotは無制限の数のレイヤーでの作業をサポートしているため、ビデオでより多くの操作を実行できます。たとえば、同じレイヤーのビデオトラックの横にオーディオトラックを配置したり、ビデオクリップの上にオーディオクリップを配置したりできます。

OpenShotを使用すると、一般的なタスクに加えて、アニメーションヘッダー、フライングテキスト、雪、レンズ付きリーフレットなどの3次元アニメーションを簡単に作成できます。

4. Lightworks

lightworksロゴ
長所
  • フルHDをサポート
  • 改善されたVFXсBorisFX
  • マルチタスク
短所
  • プレミアムバージョンでのみ4Kをサポート
  • 一部の言語はご利用いただけません

Lightworksは強力なビデオエディタであり、高速で柔軟なツールを備えたAdobeElementsの優れた代替手段です。マルチタスクのおかげで、このプログラムでは、バックグラウンドでファイルのバッチをインポートしたり、複雑なサードパーティのFXを視覚化したり、複数のファイルを異なる形式でエクスポートしたりしながら、編集を続行できます。

ツールの中には、高度な色補正、迅速なリアルタイム効果、ビデオキャプチャがあります。インポート、トリミング、スムーズなサウンドウィービング、キャッチーなトランジションの追加を行うための従来のツールセットもあります。

プログラムをダウンロードする前に、私のLightworksレビューを確認してください。

5. Avidemux

avidemuxロゴ
長所
  • 多くのフィルター
  • インターレース解除ビデオ
  • 習得が簡単
短所
  • 4Kサポートなし
  • LUTで機能的にブーストすることはできません

Avidemuxは、初心者向けのシンプルで無料のAdobe PremiereElementsアナログです。ビデオエディタには基本的なツールがあり、トリミング、エンコード、フィルタリングなど、ビデオのサイズとシャープネスの変更、サブタイトルとカラープロファイルの追加、インターレース解除、全体的な音量の増減など、すべての標準タスクを実行できます。

このソフトウェアは、最も人気のあるMPEG、DVD、AVI、MP4などのいくつかのビデオ形式をサポートしています。ただし、高解像度の4Kでは、HD /フルHDのみで作業することはできません。

PremiereElementsの景品

自由な欲望

これらのルックアップテーブルをダウンロードして、Adobe ElementsPremiereでのビデオ編集のプロセスを簡素化します。

Get 40% OFF Get 40% OFF