2022年 Adobe Acrobat Standard 対 Pro比較

沿って Eva Williams, Kamata Miyuki 2022-11-04, Japanese Blog

アドビ アクロバットStandardかPro、どちらのソフトウェアを選ぶかまだ決めていませんか?それなら、このガイドを読んで、それぞれのツールの長所と短所を学びましょう。

Adobe Acrobat Standard は個人使用向けで、PDFファイルの作成と整理のための豊富なツールキットを備えています。

Adobe Acrobat Pro の豊富な機能により、PDFファイルのデザイン、編集、署名での変換が可能になります。またアクロバットプロは、スタンダードバージョンにはない、いくつかの機能が含まれています。

Adobe アクロバットとは?スタンダード編

adobe acrobat standard ロゴ

アドビ アクロバットStandardは、Windowsデバイス上でPDFファイルを操作するための高機能プログラムです。Adobe Acrobat ProとStandardを比較すると、後者にはファイルをPDF形式に変換、編集、共有、そして文書に署名をするなどが可能です。ファイルエディターとしての地位を証明する数多くの機能が備わっていることがわかるでしょう。さらに、Standard版には多数のテンプレートと柔軟なドキュメントセキュリティ設定が含まれ、Box、Dropbox、Google Drive、Microsoft OneDriveアカウントへのアクセスも提供されます。Acrobat Standard DCは、Adobe Document Cloudと連携し、あらゆるデバイスから、さまざまな文書やツールに即座にアクセスすることができます。 

1/2
  • Adobe Acrobat 標準インターフェイス
  • Adobe Acrobat 標準インターフェイス

    Adobe Acrobat Standard: 長所と短所

    便利な変換機能。 Acrobat Standardは、あらゆる印刷ソフトを利用して文書をPDFファイルに変換できるほか、さまざまな形式の複数の文書を1つのPDFに結合することも可能です。また、ウェブページをリンク付きのインタラクティブなPDFに変換することもできます。

    ファイルの書き出しが速い。Adobe Standardでは、ファイルの保存、整理、インターネット上での共有など、すべてのデバイスでドキュメントにすぐにアクセスすることができます。電子メールの添付ファイルまたはAdobe Document Cloudのドキュメントへのリンクとしてファイルを共有することができます。さらに、コメントや通知の追加、フォームへの記入、電子署名の収集、リアルタイムの通知の作成が可能です。

    便利な編集機能。 Adobe Acrobat StandardとProのライバル関係に明確な勝者はなく、どちらのバージョンも優れた編集機能を備えていると言えるでしょう。アドビスタンダードでは、ドキュメントをスキャンしながらテキストを認識し、パラレルビューでエラーを修正することができます。このバージョンはまた、ドキュメント内の写真の自動補正の一部を含んでおり、背景を削除したり、遠近感を修正することができます。

    素敵なテンプレート。 既成のテンプレートを使うことも、自分でデザインすることもできます。テンプレートに必要事項を記入したり、署名したりすることも可能です。また、既存のフォームやスキャンした画像を記入可能なPDFフォームに変換して、テンプレートを作成することもできます。

    ページを操作する 。 ページの順序を変更して、好みの順番に整理することができます。ページを縦長または横長に回転させたり、ページ内容の外縁を切り取ったり、文書から不要なページを削除したりできます。Adobe Standardの助けを借りて、PDFから特定のページを抽出したり、またはいくつかのパーツに分けたりすることもできます。

    コラボレーション。 Adobe Acrobat Professional と Standardを比較すると、後者のオプションは、優れたコラボレーション機能を備えていると言えるでしょう。それらの助けを借りて、あなたはドキュメントを共有し、他の誰かと一緒に作業することができます。Acrobat Standardを使用して、PDFファイルにコメントやステッカーを追加したり、テキストを編集したりすることができます。ログインすることなく、チームのフィードバックを 1 つの PDF ファイルに収集することができます。レビュー、コメント、署名のために提出されたドキュメントの状態や修正に関する通知をリアルタイムに受け取ることができます。

    ハンコ。 PDFファイルに "承認済み "や "下書き "などのハンコを押しましょう。必要な書類を整理したり、探したりするのが速くなります。また、しおりやタイトルを使うこともできます。

    ドキュメントのスキャンが簡単。 Adobeのスキャンプログラムを使えば、書類や小切手、ダッシュボードなどのファイルをスキャンすることができます。スキャンした文書は、オリジナルと同じフォントで検索・編集可能なPDFファイルに変換できます。

    セキュリティの設定に制限がある。 セキュリティの設定に制限がある。Adobe Acrobat StandardとProの比較では、セキュリティに関しては前者が負けてしまいます。オープンPDFは、Azure Information ProtectionやMicrosoft 365などのMicrosoft Information Protectionソリューションで保護されていますが、特定の読者から隠された機密情報を編集することはできません。削除できるのは個人情報のみです。

    ドキュメントを比較することが不可能。 このプログラムでは、2つのPDFファイルのバージョンを比較することはできません。また、事前チェックや高画質印刷のためのファイル準備のための機能も限られています。

    Windowsユーザーのみ対象。お使いのデバイスがmacOSで動作している場合は、このバージョンはご利用になれません。

    Adobe アクロバットとは?プロ編

    adobe acrobat pro ロゴ

    アドビ アクロバット DC Pro ウェブサイト)は、Adobe Standardとほぼ同じ機能を持ちながら、いくつかの追加機能を提供するシンプルで使いやすいソフトウェアです。その上、WindowsとMacの両方のプラットフォームに対応しているため、Adobe StandardとProの比較において、かなりの優位性を持っています。

    このバージョンでは、PDFの最適化、番号の追加、オーディオファイルなどの、さまざまなオブジェクトを文書に追加、Autodesk AutoCADまたはVisioでの技術的なPDFファイルの作成が可能です。Adobe アクロバットdc Proは、専門的、またはオフィスでの使用を目的としています。

    1/2
    • διεπαφή adobe acrobat pro
    • διεπαφή adobe acrobat pro

      Adobe Acrobat Pro: 長所と短所

      高度な検索オプション。 スキャンした紙文書を、オリジナルと同じフォントを持つPDF形式に変換する機能を多くのユーザーが評価しています。Acrobat Proは、あなたが迅速かつ効率的にレコード内の情報を検索し、編集することができ、様々な言語でテキストを認識することができます。

      非標準ドキュメントに対応。 法律ドキュメントを扱う場合、adobe dcはベイツ番号に対応した唯一のバージョンです。また、ISOやアクセシビリティ規格に準拠したPDFのチェックと修正も可能です。また、Acrobat Proは、PDFファイル内のオブジェクトの距離、面積、周囲長の測定機能を備えており、図面や計算を扱う場合にも便利です。

      高度な編集が可能。 Adobe ProはStandardバージョンとは異なり、読者から隠したい機密情報を永久に削除するだけでなく、編集することができます。高度な編集機能を使用することもできます。オートフィルコレクションを使用して、フォームへの記入、署名、提出をより迅速に行うことができます。

      インタラクティブなオブジェクトを使った便利な作業が可能。 Acrobat Pro DCでは、PDFに音声やビデオなどのインタラクティブなものを追加することができます。JavaScriptでインタラクティブ性を追加して、PDFフォームを強化をすることができます。

      印刷前の事前チェック。 Adobe Acrobat Proでは、文書に含まれている可能性のあるエラーを排除するために、事前チェックを行い、高品質な印刷のためにファイルを準備することができます。

      書類の比較が簡単にできる。 複数の文書を送って検証する場合、必要な変更がすべて行われているかどうかを簡単に確認する方法が必要です。2つのバージョンのPDFファイルを並べると、比較する機能を持つのは、Acrobat Proだけです。さらに、表示したい変更の種類をフィルタリングして、比較レポートや変更点のサマリーを印刷することもできます。

      さまざまなプラットフォームに対応。 この点は、Macユーザーにとって決定的なポイントと言えるでしょう。Acrobat Pro DCだけがmacOSとWindowsの両方のプラットフォームで機能しますが、adobe dcはWindowsデバイスでのみ機能します。

      試用版がある。 Acrobat Proは、完全な機能を備えた7日間の無料版を提供しています。このソフトウェアの能力を十分にお楽しみいただけます。

      サブスクリプションでのみ利用可能。 Proバージョンは、月額または年額制のサブスクリプションでのみ利用可能です。

      Adobe Acrobat Pro Standard 違い: 価格編

      adobe acrobatスタンダード vs プロバトル価格

      Adobe Acrobat StandardおよびProの正式版は、Creative Cloudでアカウントを作成することによってのみ受け取ることができます。これらのプランは個別に、またはCreative Cloudのフルパッケージとして入手することができます。

      Acrobat pro standard 違いについて どちらのバージョンも、月額および年額のサブスクリプションが必要です。Acrobat Pro DCは、より豊富な機能を備えているため、支払額は高くなります。スタンダードプランとプロプランでは、PCソフト、Adobe Document Cloud、Adobe Signのサブスクリプションが提供されます。

      Creative Cloudのパッケージ一式ををお求めの場合、このサブスクリプションタイプではAdobe割引 ができない場合があります。例えば、教育に関わる方や生徒は、Creative Cloudパッケージ全体を毎月19.99ドルという少額で、60%以上節約することができます。また、Adobeをお試ししたい方は、 Acrobat Pro無料 をお勧めします。

      Adobe Acrobat Standard 対 Pro – どちらがいいか?

      どちらのバージョンもユーザーフレンドリーで、PDFの生成と編集のための優れたツールキットを備えています。Windowsで動作するデバイスを利用し、PDF文書の作成、編集、送信だけが必要な場合、Adobe Acrobat Standardは完全にあなたのニーズに合うでしょう。これは、個人またはチームの使用のために優れています。スタンダード版では、コメント付けやリアルタイムでの通知受信が可能です。

      Adobe アクロバット Pro は、プロフェッショナルな使用に最適な選択肢です。機密情報の保護や、アクセシビリティ基準やISOを確認するための法的文書の処理など、特別なニーズがある場合は、このバージョンを選択してください。Adobe Acrobat Proは、豊富な機能を持ち、Macプラットフォームと互換性のある唯一のエディターです。

      GET UP TO 71% OFF GET UP TO 71% OFF